交通事故の示談金は、相場より低い事もあるので注意

交通事故に合い、仕事がしばらくできなくなった場合、休業補償はもちろん通院や入院にかかった費用を加害者側に請求する事ができます。

また、合わせて、示談交渉に入り、具体的な保障内容はもちろん、慰謝料などの提示をされるますが、相手が保険会社や弁護士という交渉のプロで交渉してくるのに対して、被害者側が、被害にあった本人やその家族という事になると、専門的な知識がないまま、そのまま相手の言いなりになって示談交渉を飲んでしまう事がほとんどです。

この場合、損害賠償金として提示さえる額の相場が3種類あり、自賠責保険の基準、任意保険の基準、弁護士基準となります。

被害者である本人が直接交渉の窓口になる場合、一番金額の低い自賠責基準で提示される事もあり、交渉終了後、極端に低い保障内容である事に気づいても、一度示談に応じてしまうと、その内容を覆す事が難しいため、多くの人が泣き寝入りしている事がほとんどです。

一番示談金の相場が高いのが、弁護士基準と言われており、過去の判例をもとに示談金を請求できます。

交通事故被害にあった時、すぐに知り合いの弁護士に相談する事ができれば、始めの段階から窓口としてたってもらうか、もしくは、相手方の出方をみて、弁護士に依頼すると、弱い立場での交渉を避ける事ができるため、交通事故被害者として、しっかりとした保障をうけるための安心も得る事ができます。

交通事故で泣き寝入りしないためには、交渉のプロを早急に窓口に立てる事が重要です。

弁護士に相談!交通事故被害者になったその後の対応とは

事故は、思わぬ時に遭遇します。特に、車の事故は自分で運転していなくても巻き込まれる可能性が大きく、相手に過失が100パーセントある場合などは、ケガや入院でつらい思いをしている時に、相手の保険会社と示談交渉を行う必要が出てくるため、何がなんだかわからないまま話が進んでしまい、後から考えると、もっと請求できたのではと泣き寝入りする人も多くなっています。

相手に過失が100パーセントある交通事故の示談交渉には、自分が加入している保険会社を代理で立てる事ができないため、自ら示談交渉に応じる人が多く、その後、後遺症や病院への通院などをしているときに、不当に保障を打ち切られてしまったり、極端に少ない金額の慰謝料で受け入れてしまう事があります。全ての話し合いが済んだ後に、後悔しないためにも、始めから弁護士などに相談して後々泣き寝入りをしないように対応しておくことが大切です。

参考HP《交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談|弁護士法人アディーレ法律事務所
交通事故被害の対応事例が豊富な法律事務所のサイトです。

弁護士に相談するのは大袈裟なのでは?費用が掛かってしまうのでは?と不安になる人もいると思いますが、相手から慰謝料や示談交渉の内容を受取った後、無料の法律相談などを利用して、聞いてみるのもひとつの方法です。それなりに、問題のない内容であれば、そのまま交渉に応じる事もできますが多くの場合、慰謝料や示談金などは、弁護士が請求する額よりも少ない事がほとんどです。提示された額よりも、金額が高くなる可能性のほうが高いため、その辺も相談する時に、弁護士としっかり話をする事はもちろん、交通事故の示談交渉に強い弁護士に依頼すると、法律的な手続きはもちろん、後々泣き寝入りする事なく、安心して示談交渉を進める事ができます。

交通事故の被害者になったら、交渉は弁護士に!

交通事故の被害者になった場合、車同士の事故の場合は、自分の加入している任意保険で保険屋さんを窓口にしたり、弁護士特約などに加入していれば、弁護士に依頼して交渉をしてもらう事ができますが、車と人という事故の被害者になった場合は、自分の加入している自動車保険を使用する事はできないため、保険会社を窓口にする事はできないため、示談交渉なども、自分で対応する必要がでてきます。そうなった場合、相手が保険会社や弁護士という交渉のプロに対して、被害者である自分は全くの素人という構図になってしまうため、被害者であるにも関わらず相手のペースで話が進んでしまうケースがあります。

交通事故の場合、相手が車だと100パーセント相手側に事故の過失があるため、入院費用や通院費用などの支払いはもちろん、慰謝料などの支払いを受ける場合があります。この場合参考にするものが、3種類あり、自賠責保険を基準にした場合、任意保険の会社が定めた金額を基準にした場合、弁護士が行う過去の判例を元に行うケースとなります。自賠責保険を基準にしている場合は、金額が最も低く、過去の判例を元にした場合は金額が高くなる可能性が高くなります。

弁護士を立てて、窓口にすると多額の費用が掛かる事を不安に思い相談せずに、話を進めていくケースがほとんどですが、示談交渉に応じてしまった場合、その後金額が低い事に気づいたり、保障内容に手薄を感じたとしても、再度内容を変更するという事は難しくなってしまいます。その事からも、交通事故被害にあった場合は、早めに弁護士に相談をする事が後々泣き寝いりしないで済むだけでなく、交渉のプロをこちら側も得る事で、安心して怪我の治療などに専念する事ができます。

交通事故の被害者になると、それだけでも動揺して冷静に物事を判断する事が難しくなるため、自分の変わりにしっかりと窓口となってくれる頼れる代理人が弁護士です。ネットなどで、交通事故の対応に強い弁護士なども探す事ができるので、色々と検討してみる事が大切です。