交通事故の被害者になったら、交渉は弁護士に!

交通事故の被害者になった場合、車同士の事故の場合は、自分の加入している任意保険で保険屋さんを窓口にしたり、弁護士特約などに加入していれば、弁護士に依頼して交渉をしてもらう事ができますが、車と人という事故の被害者になった場合は、自分の加入している自動車保険を使用する事はできないため、保険会社を窓口にする事はできないため、示談交渉なども、自分で対応する必要がでてきます。そうなった場合、相手が保険会社や弁護士という交渉のプロに対して、被害者である自分は全くの素人という構図になってしまうため、被害者であるにも関わらず相手のペースで話が進んでしまうケースがあります。

交通事故の場合、相手が車だと100パーセント相手側に事故の過失があるため、入院費用や通院費用などの支払いはもちろん、慰謝料などの支払いを受ける場合があります。この場合参考にするものが、3種類あり、自賠責保険を基準にした場合、任意保険の会社が定めた金額を基準にした場合、弁護士が行う過去の判例を元に行うケースとなります。自賠責保険を基準にしている場合は、金額が最も低く、過去の判例を元にした場合は金額が高くなる可能性が高くなります。

弁護士を立てて、窓口にすると多額の費用が掛かる事を不安に思い相談せずに、話を進めていくケースがほとんどですが、示談交渉に応じてしまった場合、その後金額が低い事に気づいたり、保障内容に手薄を感じたとしても、再度内容を変更するという事は難しくなってしまいます。その事からも、交通事故被害にあった場合は、早めに弁護士に相談をする事が後々泣き寝いりしないで済むだけでなく、交渉のプロをこちら側も得る事で、安心して怪我の治療などに専念する事ができます。

交通事故の被害者になると、それだけでも動揺して冷静に物事を判断する事が難しくなるため、自分の変わりにしっかりと窓口となってくれる頼れる代理人が弁護士です。ネットなどで、交通事故の対応に強い弁護士なども探す事ができるので、色々と検討してみる事が大切です。