弁護士に相談!交通事故被害者になったその後の対応とは

事故は、思わぬ時に遭遇します。特に、車の事故は自分で運転していなくても巻き込まれる可能性が大きく、相手に過失が100パーセントある場合などは、ケガや入院でつらい思いをしている時に、相手の保険会社と示談交渉を行う必要が出てくるため、何がなんだかわからないまま話が進んでしまい、後から考えると、もっと請求できたのではと泣き寝入りする人も多くなっています。

相手に過失が100パーセントある交通事故の示談交渉には、自分が加入している保険会社を代理で立てる事ができないため、自ら示談交渉に応じる人が多く、その後、後遺症や病院への通院などをしているときに、不当に保障を打ち切られてしまったり、極端に少ない金額の慰謝料で受け入れてしまう事があります。全ての話し合いが済んだ後に、後悔しないためにも、始めから弁護士などに相談して後々泣き寝入りをしないように対応しておくことが大切です。

参考HP《交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談|弁護士法人アディーレ法律事務所
交通事故被害の対応事例が豊富な法律事務所のサイトです。

弁護士に相談するのは大袈裟なのでは?費用が掛かってしまうのでは?と不安になる人もいると思いますが、相手から慰謝料や示談交渉の内容を受取った後、無料の法律相談などを利用して、聞いてみるのもひとつの方法です。それなりに、問題のない内容であれば、そのまま交渉に応じる事もできますが多くの場合、慰謝料や示談金などは、弁護士が請求する額よりも少ない事がほとんどです。提示された額よりも、金額が高くなる可能性のほうが高いため、その辺も相談する時に、弁護士としっかり話をする事はもちろん、交通事故の示談交渉に強い弁護士に依頼すると、法律的な手続きはもちろん、後々泣き寝入りする事なく、安心して示談交渉を進める事ができます。